福岡市役所本庁舎 社員食堂

一般の人でも利用ができる社員食堂

PPS_ginoftos-thumb-815xauto-12986

福岡独特といえるのが、福岡市役所本庁舎 社員食堂という公的施設でも一般の人が食事を注文することができるというところです。

この福岡市役所本庁舎 社員食堂では、ワンコインでおいしい食事ができるということで人気となっています。

食堂があるのは福岡市役所本庁舎の15Fなので、ちょっとした展望スポットとしても利用ができます。

地元の人ならともかく旅行や観光で来た人にとってはちょっと市役所という場所は敷居が高いようにも感じますが、入ってしまえば特に気兼ねをすることは何もありません。

実際お店の前に行ってみるとその評判もあってかなりの人が常に出入りをしています。

食堂の中には喫茶店である「喫茶ばん」というお店もあるので、もし食事は別のところでとりたいという人はそちらのカフェでゆっくりすることもできます。

食堂も喫茶店もとにかく安いので、リーズナブルに福岡のおいしいものを食べたいという時にはぜひ利用をしたいところです。

なお福岡市役所本庁舎は中央区天神一丁目にあり、JR天神駅から徒歩4分くらいの距離です。

特徴的な建物ですしビルも大きいので初めての人でもまず迷わずに見つけることができるでしょう。

びっくりするような価格設定

食堂の前にはショーウインドウで料理見本が並べられているのですが、そのどれも二度見をしたくなるような驚きの価格設定になっています。

例えばランチの定番である丼ものでは、カツ丼や肉丼など全て380円となっていてほとんど大学の学食なみです。

一番安い丼である親子丼になると300円で食べられるのでわざわざ訪れる価値は充分にあります。

安いからまずいだろうというのも間違いで、きちんと丼の出汁には鯖節を使ったかえしの特製ダレが使われており味も充分に満足ができるレベルです。

むしろこんなにおいしいのにこの値段なのが申し訳なく思えてしまうくらいです。

最も高い定食メニューを選んでも500円台でおさまってしまうのでとにかく安く食べたいなら市役所ですね。

もちろん市役所の社員食堂なので、お昼になると実際に本庁舎内で勤務をされている公務員の方も利用をします。

西庁舎にも社員食堂があります

福岡市にはいくつか公的施設があるので注意をしたいのが、本庁舎以外にも社員食堂があるということです。

高層ビルである本庁舎と違って西庁舎は赤茶色のレンガ風の外壁をした建物となっておりまた本庁舎とは違った温かみのある昔ながらの市役所という雰囲気があります。

こちらは本庁舎と比較してメニューは少なく日替わり定食が中心となっており、価格は500円とこれまた大変リーズナブルです。

西庁舎独特なのがビュッフェで、一回のみですが小皿におかずを自由にもりつけることができるサービスがつきます。

定食といっても社員食堂のお弁当といった感じで、栄養に配慮をした健康的な内容にまとまっています。

もし本庁舎に行ってみたけれども混雑して入れなかったというときにはこちらを覚えておくと便利です。