てんちゃん

本格モツ鍋を食べるならこのお店

NS725_usaginohashioki-thumb-815xauto-14165

「てんちゃん」は天神駅から北口に出て、赤坂方面に向かった少し北に位置するお店です。

親富孝通りという特徴的な名前の通りに沿って構えており、店内では福岡の食材にこだわった名産品の数々を食べることができます

福岡に来たからには名産品を食べたいけれどもあちこち歩きまわるのはちょっと面倒という人におすすめです。

九州の名産といえばモツ鍋や焼き肉ですが、他にも地鶏料理や水炊きも一度は食べてもらいたい料理です。

福岡の明太子を使った料理もあり、他にも熊本の馬刺しなど肉も魚もたっぷりのメニューから選ぶことができます。

しかもそんな豊富なメニューをそろえていながらお値段はかなりリーズナブルにおさえられており、たっぷりたくさんのメニューをためらわずに頼んでいくことができます。

夕方からの居酒屋メニューだけでなくランチメニューもあり、たっぷりの量を安く食べることができると地元の人に評判です。

ランチメニューではサービス定食がおすすめ

ランチメニューは11:30~2:30までの間限定で提供されており、定食もののほかにもカレーが選べます。

しかも定食を注文したときにはご飯おかわり自由で漬物食べ放題というところが嬉しいですね。

チェックしておきたいのがサービス定食で、いつものお昼の定食メニューの中から毎日1種類のサービス定食を選んで設定しており、その場合には通常よりも割安な500円というワンコインで注文ができます。

定食はメインのおかず1品とご飯に味噌汁、小鉢がひとつつきます。

どれもおいしいのでお昼ならこのサービス定食にしておくと迷わずにすみますね。

居酒屋メニューのおすすめ品

「てんちゃん」のオーナーさんはお店を開く前までお好み焼き屋で10年、地鶏屋で12年、もつ鍋屋で5年と渡り歩いてきた人なんだそうです。

なので豊富なメニューのどれを頼んでも安定的においしさでとても楽しめます。

特徴的なのがモツ鍋に使用されているのが白濁した鶏ガラスープであるという店で、そこに国産牛のモツをどんどん入れていきます。

モツにはセンマイやミノなど複数の種類を混合して使われ、そこに野菜を入れていくことでバランスよく食べることができます。

モツはちょっと臭みが苦手という人もこの「てんちゃん」では気にならずに食べることができるので、これまではあまりモツ鍋を食べたことがなかったというような人もぜひ気後れせずにチャレンジしていってももらいたいです。

なお店内は禁煙ではないのでタバコがちょっと苦手という人は気をつけた方がいいかもしれません。

特にランチタイムの喫煙率は高いので行ってから驚かないようにしてください。