銀天町商店街

西鉄雑餉隈駅から近くにある商店街

PAK85_hikarinosaki20150124214439500-thumb-815xauto-6000

 

銀天町商店街は西鉄雑餉隈(ざっしょのくま)駅のすぐ近くにある老舗商店街です。

雑餉隈駅は始発である天神から6つめにあたるところにあり、ソフトバンクが創業をしたところとして知られています。

他にも歴史が長い街であることからたくさんの噂や逸話が残されており、街中のあちこちにもそうした歴史の断片を見つけることができます。

移動には西鉄を使うのが便利ですが他にもバスがたくさん出ているので、博多や天神を観光したときにちょっと寄り道をしてもらいたい場所です。

なお「雑餉隈(ざっしょのくま)」という文字は福岡出身者でないとまず一発で読むことのできない名称ですが、この「餉」という文字は「食事」という意味があるそうで、「隈」は九州地域では比較的よく見かける地名なんだとのことです。

もともと軍用地として使用されてきた歴史が長いこともあり、雑餉隈周辺には自衛隊駐屯地が多く集まっていることも特徴です。

銀天町商店街は雑餉隈駅を南口で降りてまっすぐ行ったところにすぐ見えてきます。

直線道路にたくさんのお店が並ぶ

銀天町商店街は「よござっしょ通り」という直線道路を中心にいくつかの小路に分岐してお店を広げる形をしています。

お店はカフェや飲食店が多めですが、他にもファッションや生花店、青果店などもあり思い思いの営業が見られます。

ただ残念ながら他の西新商店街や新天町商店街のように活気がある商店街とは言いがたく、どちらかというと静かに淡々と営業をする昔ながらのところといった印象が強くなっています。

その分地元密着という印象はとても強く、地方の商店街にありがちなよくわからないお店などもあちこちで見かけられ歩いているとつい足を止めたくなります。

近くに軍用地があり、博多港が近いこともあって街中には多国籍らしいパブやスナックも多く見られます。

昔は赤線もあったという場所なので、メインの通りからちょっと奥に入るといかにも夜にはネオンきらめく場所かと思われるような小路もあったりします。

そうした夜のお店が並んだかと思うとそのすぐ近くに保育所があったりと、かなり混沌とした町並みでもあります。

飾らない昔ながらの雰囲気とパワーがある商店街と言えるでしょう。

焼肉屋と居酒屋が多くて活気があります

雑餉隈駅周辺にはたくさんの焼肉屋があり、居酒屋も目立ちます。

博多ラーメンを出す焼肉店も多いので福岡の地元密着のお店で食事をしたいという人にはそうした個人のお店がおすすめです。

おすすめとしては商店街の中ほどにある「玄海屋」という蒲鉾とお弁当のお店で、昭和24年創業で今も変わらぬ味で営業を続けています。

店頭ではちくわを焼いているところを見ることができ、スーパーなどでは決して見ることができないような魚の練り物食品をたくさん購入できます。

おかずにしてもよし、それを肴にお酒を飲むのもよしで独特の味わいを楽しむことができます。

珍しいメニューもいいですが、量産品ではないてづくりちくわはなかなかありそうでないものなので一本買ってみることを強くおすすめします。